ELITE-7HDI発表からたった1年足らずで投入された新機種
Elite-Chirpシリーズ

「ELITE-7CHIRPの位置づけ」
ELITE-7CHIRPは LOWRANCE GPS魚探の中で最高の魚群探知機性能をもつモデルです
CHIRPソナーモジュール内臓のGPS魚探としては世界初のモデルです

上級モデルHDSシリーズでさえまだ採用していないCHIRPソナーを中級モデルに投入して魚群探知機の技術革新を進める革新的なモデルです。価格は中級モデルながら、7インチの画面を持つ本体の測深能力は業務用モデルをこえた調査研究機の機能を備えています。

CHIRPソナ-振動子は以下のように広いレンジを連続周波数可変しながら連続波を発射する全く新しい機構です

本体発射可能周波数
ダウンスキャン 800/455/khz
ブロードバンド 200/50/khz
ブロードバンド 200/83/khz
CHIRP高周波数 130-210KHZ
CHIRP中周波数 95-155KHZ
CHIRP低周波数 28-75KHZ

各種機能を実際使用した経験も踏まえて解説しますので、ぜひ参考にしてください
その主要な機能を紹介すると以下の通りです

■CHIRPソナ-振動子の選び方■
CHIRPソナ-振動子 は3つの帯域の周波数を発振します

高周波数帯域 130-210khz
中周波数帯域
95-155khz

低周波数帯域
28-75khz


CHIRPソナーには専用振動子が必要です

ランナップ一覧はこちら

【Elite-Chirpで使える探査方法1】
■CHIRPソナーCHIRPとは
(Compressed High Intensity Radar
Pulse)
高強度圧縮レーダー波技術のことを言います。周波数を可変させて連続波を発射するので
ブロードバンド技術を発展させた、合成開口レーダーにも使われる第5世代の魚群探知機発振技術です。

第1世代:通常魚探
LMS-350
固定周波数 断続波発射 アナログ受信回路

第2世代:デジタル魚探
LCX-16
固定周波数 断続波発射 デジタル受信回路

第3世代:疑似ブロードバンド方式
可変周波数 断続波発射 デジタル受信回路

第4世代:ブロードバンド方式
HDS GEN2
広域周波数 連続波発射 デジタル送信受信回路

第5世代:CHIRP(チャープ)方式 Elite-7Chirp
連続変調周波数 連続波発射 デジタル送信受信回路

【CHIRPソナーと従来の魚群探知機の違い】

•10-1000倍のエネルギーをターゲットに送り込めます

•5-10倍の解像度

•ノイズ·のなかからターゲットを引き出す能力
– ノイズ/シグナル比が大幅に違います。

その結果

デッドゾーンがありません(海底べったりの魚が映ります)

魚種識別可能な解像度 ベイトフィッシュと狙うゲームフィッシュを完全分離します

浅瀬では藻と魚を分離表示 ウイードの種類まで判別可能

•最大3000mまで探査可能です

•連続発射だから深海でも高速ボトム追尾できる

実験!!
同じ魚群を従来型断続発信方式とCHIRP発信で比較
■デッドゾーンがない 根魚が映る
chirp発信方式はほとんどデッドゾーンがありません。これまで映しきれなかったヒラメやコチなど海底にべったり貼りつくす魚までもその所在を判断できる情報を提供します
Chirpソナー
200m近い水深の海底べったりに潜むオヒョウを探知

CHIRPチャープ
魚がボトムから分離している
従来型 単調発信
魚群がボトムに同化している
海底分離表示実験
今回NAVICOが行った最新テストデータをご紹介右の写真はテニスボールをレンガにつけて沈めた結果探知できるかどうかを実験します

右から
海底から30cm
海底から15cm
海底から0cm

海底から0cmのテニスボール
ブロードバンドソナーでは探知できない
ボトムからの分離能力に優れ,海底から2.5cm浮けば探知可能というブロードバンドソナーでもべったりの海底についている物体は認識できませんでした

海底から0cmのテニスボールを
Chirpソナーで探知
ボトムにべったりついた魚も映す高性能が証明されました通常の魚探ではボトム付近には映らないデッドゾーンが存在しますがCHIRPだけはデッドゾーンがないと言い切れる性能です

■魚群の匹数がわかる分解能
chirp発信方式は計量魚探(水産資源調査、魚量・魚体長などの推定)で採用されています。大きな魚群でも一匹一匹が分解表示できる情報分析能力は、釣るべき魚群なのかどうかを判断できる情報を提供します。
従来型 単調発信       CHIRPチャープ
魚群が1つにつぶれている   魚の数がはっきりわかる 

分解能実験
今回NAVICOが行った最新テストデータをご紹介
下の写真ではドロップショットリグが分離分解して映るかどうかをテストスイベル
ワーム
3/8oz(10.5g)シンカ―
を30cmあけて配置しました
ブロードバンド VS CHIRP
さすがはブロードバンドソナー3つの物体を分離表示
途中からchirpに切り替えると
強くはっきりとした反応が表示されます。
ボトムのベイトフィッシュもくっきり表現されています

これまでの魚群探知機とは明らかに違う映像が得られます
ベイトフィッシュとターゲットフィッシュの区別が鮮明にできます

ブロードバンド200khz VS  CHIRP

同じ600Wの振動子で比較するとその解像度の違いが明らかにわかります

HDS-7G2T         HDS-7G2TCHIRP
ブロードバンド200khz   CHIRP 210khz
B60振動子         B75振動子
600W           600W

■超深海まで探査できる
chirp発信方式はボトムプロファイラー(海洋資源調査、底質 資源などの推定)で採用されています。最大水深3000m探査でき最も標準的なトランスヂューサーのHDI-S 800/455/200/50khzでさえ900mの測深能力を提供します。
R509LH Broadband CHIRP
Transducer

を使うと3000m(10000ft)までの計測が可能にまります

民生品でこの水深を探査できるものはほかにありません。
漁業はもちろん
メタンハイドレード探査機器のコストを大幅に下げることができます

3000m測深可能
R509LH 
Broadband
CHIRP
Transducer
設置説明書

Low
Frequency 24 Elements
28-60KHz Beamwidth 11°- 17°

High Frequency 1
Element
130-210KHz Beamwidth 5°-

■Elite-Chirpで使える振動子

ブロードバンド振動子
200/83KHZ 200/50KHZ
CHIRPソナ-振動子    28-75/95-155/130-210KHZ

以下はHDIに加えてCHIRP発信もできる次世代の振動子です
ダウンスキャンHDI振動子
HDIL-TD 湖沼 800/455/200/83KHZ
HDIS-TD 海用 800/455/200/50KHZ

【Elite-Chirpで使える探査方法2】
■DownScanイメージング™ HDI対応

真下の画像がまるで水中写真のように描き出されるDownScanイメージングDownScanイメージングは水中がどんなに濁っていても水深90mまでのストラクチャーの形を正確に表現します。

ブロードバンド/CHIRP魚探画像とDownScanイメージングを重ね合わせたハイブリットデュアルイメージングHDIにも対応

2つの探査方法を重ね合わせることでボトムの魚群をより明確に分離表示

■ボート直下の魚を狙い撃ちできる

魚探は魚が真下を通過したかどうかはわかりますがその遊泳方向はわかりません。
ただやみくもに魚が映るたびに後方へキャストしてもつれません。

釣れるのは後方へと移動していった魚群だけです
しかしこれまでの魚探画面から読み取ることはできませんでした

今回登場したダウンスキャンイメージング「DSI」オーバーレイとは
●写真画像で表示できるダウンスキャンイメージング「DSI」

●広い範囲を探査できる指広角のブロードバンド画像の
2つの画像を重ね合わせて表示する機能です

この2周波数合成表示によってダウンスキャンイメージング「DSI」とブロードバンドの両方の画像に移った魚はボートの真下にいることがわかります。
2周波数を合成表示することで広い探査範囲を狭い探査範囲「ボートの真下」へ入ってきて後方へ移動したかかどうかを知ることができます。
達人にしかできなかった魚群方位の見極めを2周波数合成表示で明示することで、魚群の狙い撃ち シューティングの精度が劇的に上がりました。

下記の画像で クリーム色は800khz 真下 青い色は 周り
を示しています

■遠距離から水中をアウトレンジ狙撃
ができる
見えない水中のポイントをポイントに入る手前から狙い撃ちできたら、どれだけ釣果をあげられるだろうか。

GPS魚探の運用の一つの大きなテーマですが、

一度しっかり計測したマイ水中地形からポイントを選らんでポイントの手前から狙い撃ちする精度の高い釣りができます。

自分だけしかわからない詳細水中地形図をGPS画面上に表示すると
以下のように表示できます

水中のポイントを長距離から GPSデータをもとに狙い撃ちします
これがアウトレンジ狙撃です
水没した立木までの距離方位が簡単に把握できるので長距離からの狙い撃ちによってヒットする確率は大幅に上がりま

■32ch DGPS 毎秒10回更新ヘッディングセンサー内蔵アンテナPOINT-1にElite-7CHIRPは対応しています

Elite-5CHIRPは対応していません
「POINT-1搭載メリット1」
ヘッディングセンサー機能により停船時の精度が向上します

■ヘディングセンサーを導入すると
●停船状態で実際の船首 GPS上の船首が完全に一致
●狙うポイントへの航法を入れる必要はない
●流し釣りがやりやすい
●次々にポイントをアウトレンジ直撃できる

GPSと自船の船首が同期することで、GPS上に映し出されるポイントや地形の方位やイメージを勘違いすることなく正確に受け取れます

ポイントとの距離把握ボートポジションの維持
正確なキャストでのポイント直撃が誰でもできるようになるのが

ヘディングセンサーです。

「POINT-1搭載メリット2」
振動子の位置とアンテナの位置を同期させられるので記録誤差を最小にできます

■正確に記録できる→正確に狙える→釣果が上がる

「POINT-1搭載メリット3」

外部GPSアンテナを使用するとGPSの受信感度が上がりますそのために崖下でのGPS信号喪失を減らします

■過ぎ去ったポイントを巻き戻して記録できる
トラックバック機能
魚探でいいポイントを見つけた時はすでにポイントを過ぎています。本当に必要なポイントを巻き戻して特定して記録できる機能トラックバック機能。
LOWRANCE GPS魚探は全機種 画面に表示する水深魚探情報は座標情報と一緒に記録されます。

そのためポイントを過ぎてから魚探画像をまきもどして表示して、狙った場所にカーソルを合わせてあとから記録できます。何度もポイントを往復してポイントを打ち直す必要はありません。

■自分だけの詳細水中地形図が作れる
ELITE-HDI/CHIRPシリーズは端的にいうと、自分だけの宝の地図 自分だけしかしらない詳細水中地形図を作るためのハードウエア一式が入った機器です。●ソナーログ機能装備
魚探の画面に表示される水深データと底の硬さ 座標データを同時に記録したソナーログデータをもとに2種類の水中地形図作成ソフト REEFMASTER インサイトジェネシスで等深線底質図付マイ海底地形図を作成可能です
湖沼図 海図に出ていない自分が行ったポイントの詳細な等深線入りの地図をイ自分のGPS魚探で表示できます。水中をくまなく知る者がその水域を制します。
ストラクチャースキャンでは探査できない50m以深の場所でも水中地形図を作っていくことが可能です。

■REEFMASTER(別売り)
Drデプスの後継ソフトです。
自分で撮ったソナーログで水中地形図を作成できます。インサイトジェネシスよりも高機能です。

■インサイトジェネシス(従量課金)
ソナーログ機能があるGPS魚探を御購入後LOWRANCEサイト インサイトジェネシスへの登録を行うと釣行のたびにデータを追加していけばどんどん詳しい水中地形図が出来上がっていきます。データダウンロードに費用は掛かります。インサイトジェネシスwebサイト上では空撮 MAPと重ね合わせて表示もできます

■ブロードバンド発射も可能
ブロードバンド方式で800/455/200/83/50khzの発射が可能です。CHIRP方式はブロードバンドのメリットは当然すべて受け継いでいます。

第4世代:ブロードバンド方式
HDS GEN2 

広域周波数 連続波発射 デジタル送信受信回路

出力を絞れる→魚が逃げない

連続波発射
→超音波が切れない→高速トレースができる
→連続波によってルアーのフォーリングもよく見えます

感度を上げてもノイズが出ない
→泥と砂といった微妙な低質の違いも映る
→サーモクライン プランクトンが映る
→イカやクラゲなど空気袋がない生物も映る
→弱い2次反射もとらえる→底質が測定可能
→深場の弱い反射もとらえる→深海が測定可能

最大出力ではアナログ魚探の30,000Wに相当する測深能力を発揮します
50khz発射は765mまで測深できます

■4画面表示 
●マルチウィンドウ表示
-すべて一つの画面で同時に
地図
ダウンスキャンイメージング(DSI)
CHIRP High
CHIRP LO(midium)
を監視できる4画面分割画面モード

【Elite-7CHIRPとElite-5CHIRPの違い】

基本的に違うのは2か所だけです

■画面の大きさ 
とElite-5
CHIRP
画面を比較すると
縦:両機とも480ドット
横:Elite-7 CHIRP 800ドット Elite-5 CHIRP
480ドット
Elite-7 CHIRPの画面サイズはElite-5 CHIRPの1.7倍です

■Elite-7
CHIRPはNMEA2000対応

NMEA2000対応機器が表示できます
●POINT-1外部GPSアンテナヘディングセンサー対応
●RASHIN2kヘディングセンサー対応
●ポイントデータ共有機能対応

【Elite-7
CHIRPとHDS GEN2 TOUCHの違い】

■HDS GEN2 TOUCHにしかできないこと
●タッチパネル操作可能
●ストラクチャースキャン可能
●スポットライトスキャン可能
●レーダー対応可能
●HDS GEN2 TOUCH9/12のみ 水中カメラ接続可能
●イーサネット接続可能
●地図共有可能
●画面共有可能
●ソナーHUB接続可能

■Elite-5/7CHIRPにしかできないこと
CHIRP発信回路内蔵

■どんどんポイント開拓が地図上で
できるスーパーC-MAPが使える日本水路協会の海底地形ファイルをC-MAPに表示させた
スーパーC-MAPが使用できます
最高1mの等深線の海底地形図とC-MAPの漁礁 海底ケーブル 沈船情報は素早くポイントを開拓できる秘密兵器
遊漁船 漁船で次々導入されています

【Elite-7
CHIRPの機能総括】
●本体発信可能周波数 800/400/200/83/50KHZ
●海用HDI振動子で914m測深できるCHIRP魚探機能
●淡水HDI振動子で305m測深できるCHIRP魚探機能
●HDI振動子使用で写真画質のダウンスキャンが91m可能
●DownScan
Imaging™ at 455 kHz: Max 300 ft / 91 m
●CHIRP Sonar High Range/200 kHz: 1,000
ft / 305 m
●CHIRP Sonar Med Range/83 kHz: 1000 ft / 305 m
●CHIRP Sonar
Low Range/50 kHz: 3,000 ft/914
m

●デッドゾーンが0cmの解像度
●連続波発射
●70マイル112km/hでも追尾
●魚探画像をDGPS座標と同時記録するソナーログ
●ソナーログからREEFMASTERで作成した水中地形図表示機能
●3m以内の誤差の内臓DGPSアンテナ
●過ぎたポイントを巻き戻して記録 TRACKBACK
●IPx7の防水機能
水深1mで30分間浸水しない高い防水性能を備えています。
●直射日光でも見える高輝度カラー液晶
●日本語表示

オプション
スーパーC-MAP対応
●NMEA2000対応
●32ch DGPS 毎秒10回更新ヘッディングセンサー内蔵アンテナPOINT-1対応
●複数のNMEA2000対応GPS魚探間でポイント共有可能
●海底地形ファイル対応
●漁礁データや海図図式も網羅するC-MAP対応
●水中地形図作成ソフト REEFMASTER対応
●AIS対応

■プレゼント1
法定浮力の2倍業務用スペックの膨張式ライフジャケット
16800円相当

■プレゼント2
以下のスーパーショアライン湖沼図 簡易海図税抜4600円相当1枚をプレゼントしています湖沼図詳細はこちら 簡易海図はこちら

●海 ノーティックパス(海岸線マップ)簡易版(約600Mb)
もしくは
●湖沼 スーパーショアラインをプレゼント
下記からお選びください

■プレゼント3
LOWRANCE海底地形ファイル変換
マニュアルプレゼント

誰でも海底地形ファイルを購入してLOWRANCE用の地図が作れるマニュアル
を作成しました。無料でダウンロードできます。湖沼の方も国土地理院の数値地図データから無料で近所の湖沼の地図を作ることもできます
詳しくはこちら
GPS魚探専門店
ボトムハウスのサービス
■正規代理店輸入商品
■日本語メニュー
日本語説明書
■1年無償修理保証
購入から1年間の無償修理保証
■4年間ユーザー優待新品交換
2年目から4年目終了までに修理不能な破損が起きた場合、LOWRANCE社より発行されるクーポンによって正規価格より大幅に優待された価格で新品交換いたします

C-MAP対応
過去に持っていたC-MAPをお持ちの方は弊社で購入される場合、更新地図情報へのアップデートやアップグレード値引きが可能です

海底地形ファイル対応
非常に細かく海底地形をとらえることができるこのデータをLOWRANCE機器上で表示できます。変換マニュアルプレゼント中です

スーパーショアライン
25マップ体制の更新地図を供給できます。データを消去した場合でも再インストールできます

【多彩な地図オプション
弊社には測量有資格者が在籍していますので、多彩な地図ソリューションに対応できます。
地図の用途に応じて各種地図を組み合わせて使用することも可能です
■釣り ポイント開拓記録
■航行
■調査測量 計測
■パソコンとの連動 他社ソフトととの連動
■シリアル機器との接続
■各社のGPSプロッターへのデータ変換
■他社GPSデータ→LOWRANCEデータへ載せ替え「有料」

無償バージョンアップ
お客様が各種新型オプションを導入する際には最新のソフトがないと動作しません。最新ソフトでないお客様は弊社で無償バージョンアップさせていただきます。
バージョンアップのご相談は下記よりお問い合わせください
ボトムハウス エディションは
使う環境に合わせた最適な組み合わせをご提案します
高価なGPS魚探を買う上で必要な条件情報を集約して お客様の買い損ない 選び間違いをなくす構成にしてあります。
■BOTTOMHAUS 会員募集
LOWRANCE の最新アップデート情報を手に入れるなら
ポイント還元で最大10%還元
たくさんの特典盛りだくさんです
詳しくはこちら