あの窓は、液量と比重を見ています。

■比重ボールの目安

G&YuのSMFは緑(良好)→黒(要充電)で白が要交換
ACデルコボイジャーのMFは緑(70%-100%)→黒(50%-70%)→赤(0%-50%)で透明が要交換

パナソニックの後付タイプは、始動時の電圧を監視しているので信頼性は高いです。
比重は、バッテリーの充電具合に比例し、満充電で1.28です。
放電すれば下がって、インジケーターの色が変化。「要充電」となります。
また、液量が減ってもインジケーターの色が変化。「液不足」となります。

但し、6つあるセルの1つのセルの比重を表しているわけではありません

 

■放電状態で液量が少ない場合使用できるのか?

 液の比重は高いままですのでまだまだ、使用できます
 液不足になるほど減っていなければ、インジケーターは緑のままです

インジケーターは結果を示すだけなので、色が変わった時点で手遅れとなります。

■インジケーターが緑の場合はすべてOKですか?

バッテリーが上がって始動できないのに緑色なら、交換時期といえます。液は十分あっても内部抵抗が上がって充電できなくなっている可能性があります

バッテリーテスターでの確認をお勧めします

始動はできても弱く感じるのに緑ってのも、交換時期 バッテリーテスターでの確認をお勧めします

■インジケーターが黒や赤の場合はすべて交換する必要がありますか?

インジケーターがあるセルだけが赤や黒になっているケースも考えられるので 液を補充するなり、補充電することで復活する可能性があリます。バッテリーテスターでの確認をお勧めします

 

■そもそもバッテリーの満充電状態とはどのような状態ですか

バッテリーが充電状態であるとは以下の状態です

6つのセルのすべてに液がある        一つのセルのインジケーターの色で推測

6つのセルのすべてに比重が高い      一つのセルのインジケーターの色で推測

6つのセルを結合した内部抵抗が低い    バッテリーテスターでの確認をお勧めします