基本的に、タイラップとガード接続部分がかこまれて保護されていますので タイラップに負荷がかかる 直接当たるということは通常ありません
HDIタイプの他に同様のタイラップ保持でハミンバードSI振動子などは一切問題が起きていません
また、仮に振動子ガードには障害物がヒットしないで振動子だけに付加がかかった場合にタイラップが切れないと、振動子が壊れるかケーブルが切れることになります
電気系ではあえて弱い回路(ヒューズ)を作って無理な負荷がかかった場合にヒューズが破損して回路を守るように設計されています。
タイラップはヒューズのように先に壊れて、振動子を守る役割をしています。