現在はホンデックスの振動子を2個取り付け使用しておりますが、それと比較した場合を教えてください
操作性はよくなる悪くなるというわけではなく 操作性が変わるといえます。
但しそれは振動子ガードに限った問題ではなく、フットコンエレキのどこに振動子を設置するかでいろんな影響があります。
このホンデックスの振動子を2個取り付け状態は振動子をつけてない場合よりも直進性はまして 急激に舵が効きます
振動子を付けていないエレキと振動子を付けたエレキを比較するとエレキのシャフトより前に何かつければそれだけで、舵はより敏感になるといえます
基本的に振動子ガードやHONDEXの箱型振動子ケースでは縦の板が飛行機の尾翼のような働き(ラダー効果)で舵が効きやすくなります
 
全速航行で舵を急に切った場合振動子がブレーキの役割をして何もつけていない場合よりも早く舵が切れます
バスボートではもともとエレキでの舵の効きが船体の大きさと重さで悪いために、舵の効きがよくなったと感じます
レンタルボートでしたら舵が効きすぎるのが不快に感じるかもしれません その場合、フットコンの踏み圧を重くすれば問題ありません

エレキの踏込圧を硬くできる2ワイヤーのミンコタ モーターガイドツアーシリーズは直進安定性は増します

舵の投影面積が舵の効きに比例しますのでホンデックスの振動子を2個取り付け状態と振動子ガードでは投影面積に10平方cmほどしか差がありませんので
大きな差を体感できないと思います。
舵の感度は舵の取付位置がシャフトの前方向にあればあるほど上がります
ちなみに
振動子や振動子ガードを付ける位置がエレキの先端になればなるほど直進安定性は悪くなり回頭性はよくなります
振動子や振動子ガードを付ける位置がシャフトより後ろに着けると直進安定性は上がり回頭性は悪くなります
55ポンド級のエレキで比較すると
モータガイドはスケグがシャフトの後ろ
モーターガイドは高速移動で安定性がある代わりに回頭性が悪い 振動子は壊しやすい ディープウオーターが多いリザーバー向き
ミンコタはスケグがシャフトの前
ミンコタの方が高速安定性が悪く回頭性が良い スケグが振動子を守ってくれる シャロー用
エレキ全開で高速移動が多い湖屋リザーバーではモーターガイドの方が好まれるのはこの辺に実は理由があるかもしれませんね
振動子や振動子ガードを付ける位置 によって舵の感度 舵の効きが変わります
以下を参考にご自分の環境に合わせて船を設定していただけると幸いです
■エレキの操作性の調整法
あれる湖 気象条件 高速移動 軽い船 小さい船では 舵の感度を下げたほうが船が安定して扱いやすいといえます したがって以下が効果的です
エレキの舵の効きを悪くして直進安定性を上げる方法
フットコンを重くする
船尾にラダーを付ける
エンジンをチルトダウンする
フットコンエレキに整流器をシャフトの後ろに着ける
大きい船 低速でクイックに障害物をよける こういう場合は舵の感度と効きを良くした方が扱いやすいです
エレキの舵のよくして操作性をあげる方法
フットコンをかるくする
エンジンをチルトアップしてスクリューを水中から出す
フットコンエレキに整流器をシャフトの前に着ける