LOWRANCE 最新アップデート情報

近日受付開始 Elite-7 HDI 3.0
特徴
■AIS 信号入出力が NMEA 0183より可能になりました。
■潮位 潮流表示画面が追加になりました
C-MAPの潮位 潮流機能が使えるようになります
■振動子選択が修正されました
近日受付開始 Elite-5HDI 2.0
特徴
■AIS 信号入出力が NMEA 0183より可能になりました
■潮位 潮流表示画面が追加になりました
C-MAPの潮位 潮流機能が使えるようになります
■振動子選択が修正されました
■ソナーログが修正されました
現在日本語化の作業が進行中です
完成次第SNSメールマガジンでお知らせします
開始のお知らせを受け取りましたら下記フォームより
お申込みくださいバージョンアップ申し込み お問い合わせ

受付開始 バージョンアップ

HDS-GEN2 HDS-GEN2 TOUCH用VER2.5完成しました

受付開始 HDS Gen2 Version 2.5 
特徴■スポットライトスキャンソナーへの対応

スポットライトスキャンソナー画面や操作系が一新されます
エレキのリストから使用機器を選択する方式です

■ソナーハブへの対応ソナーハブで画面や操作系が一新されます
もともと可能なブロードバンド200/83/50KHZに加えて
800/455
ストラクチャースキャン
ダウンスキャン
スポットライトスキャン
210-38KHZ CHIRPソナー

という5種類の探査モードを持ちます

※CHARPモード使用中はストラクチャースキャンはできません

■ FUSION-Link
FUSION社のDVD VHF無線 IPD SONICHUBなど映像 音楽の設定 コントロールがHDSからできます GOFREE WIFIと組み合わせるとIPADでHDS-GEN2 TOUCHに接続されたオーディオのコントロールも可能です

■C-MAP Max-N の回頭 再描画速度が改善されています

受付開始 POINT-1 VER1.3 1.4
特徴
1.4ソフトウェアパッチは、すべてのユーザーのために必須ではありません。

このアップデートでは、POINT-1が動作している間、一部のユーザーで、GPSがロックしてフリーズする問題が発生したという報告に対応しています

北緯10°~南緯10度の間で使用する場合のGPS機能を向上させるために1.4ソフトウェアパッチを使用します。
日本は北緯45°~24°に国土がありますので使用しなくていいです

■POINT-1VER1.3の特徴■
【POINT-1 VER1.3変更点1】
複数のディスプレイユニットから使用したいデータを自由に選択できる

POINT-1は2つのデータを出力できます
●電子コンパス
●GPSの座標信号

この2つのデータをNMEA2000ネットワーク接続されている機器で
自由に選択して使用できるようにしたヴァージョンアップです
このバージョンによって

●電子コンパス+GPSの座標信号の両方を使う
●電子コンパスの信号だけを使う
●GPSの座標信号だけを使う

ということが複数のディスプレイユニットから使用したいデータを自由指定できるようになります。

2台のELITE-7HDIをバスボートに設置して
船体後尾にPOINT-1を設置した場合

●フロント
ELITE-7HDI
POINT-1の電子コンパスだけを使う

●リア
ELITE-7HDI
POINT-1の電子コンパス+GPSの座標信号の両方を使う

このような使い方ができます。

【POINT-1 VER1.3変更点2
NMEA2000ネットワーク内での使用優先順位を制御できます

すべてのNMEA2000®デバイスは ‘インスタンス’と呼ばれる設定があります。POINT-1は、インスタンスを変更すると、自動的に使用優先船順位1として認識されます。

ネットワークに、2つ以上のPOINT-1モジュールがインストールされていた場合

すべてのPOINT-1のインスタンスが0に設定されている場合は、HDSが自動的に検出してどれかを使用します。

POINT-1モジュールのいずれかのインスタンスが1に変更された場合、
HDSは常にそのインスタンスが1になっているPOINT-1からのデータを受信し、(複数の)他インスタンスが0になっているPOINT-1を無視するようになります。

【POINT-1 VER1.3変更点3】
GPS補正信号の取得を短時間化

POINT-1を快適に使用するには
本体のアップデートが必須です
ELITE-7HDI VER2.0以上
HDS Gen2
HDS Gen2 Touch Version 2.1以上

上記バージョンから
低速でのレスポンスが向上しています
1/10秒更新のヘディング信号が受けられます
但し、日本語バージョンがまだ出ていません。
並行輸入品は2.1を使用するとジオフェンス機能で
GPS機能が使用できなくなります

弊社製品POINT-1はVER1.3にアップデート済みで出荷しています。

また、アップデートはした方が良いのか、その方法をお知りたい場合には
現在ご使用中の本体の型番 並行輸入かどうかをお教えください
よろしくお願いいたします。

各種アップデートのお申込みの方法バージョンアップ体制が完成次第SNSメールやマガジンでお知らせします

会員登録  http://bottomhaus.com/new/2013-07-19-162233.html

twitter   https://twitter.com/gpsgyotan

facebook  https://www.facebook.com/gpsgyotan


上記より開始のお知らせを受け取りましたら下記フォームよりお申込みくださいバージョンアップ申し込み お問い合わせ
■バージョンアップサービスの流れ●バージョンアップサービス申込

バージョンアップサービス申込にて必要事項を入力してショッピングカートに入れてください。

●受付確認メール
バージョンアップ申込後、自動的に配信され同時に受付番号をお知らせいたします。
その時送付先住所もお知らせいたします。

<修理申込完了>この受付完了メールが届いた時点で、修理申込が完了となります。

<梱包作業>お客が行い送料着払いにてお送りください。

<付属品 データ>バージョンアップに必要のない機器は紛失の原因となりやすいので、必ず外してお渡しください。設定、ポイントデータはご自分でバックアップしてください

●修理拠点にてバージョンアップ

製品が届き次第、状況を確認しバージョンアップをいたします。

<ご精算>おお申込みの際に復路送付費用は、クレジットなどで事前にご精算いただきます。

●費用

バージョンアップ料金※1は無料です。往路送料は弊社が負担します。復路送料は、お客さまのご負担となります。

●修理お預かり期間

お客さま宅から弊社到着後、1週間程度でご返送いたします。

※ 機種、修理内容、お住まいの地域により前後する場合があります。

●ご利用上の注意点
バージョンアップにかかる日数は内容や込み具合で等で若干遅くなる場合もありますのでご了承ください。

■BOTTOMHAUS 会員募集LOWRANCE の最新アップデート情報を手に入れるなら
ポイント還元で最大10%還元
たくさんの特典盛りだくさんです
詳しくはこちら

■会員特典
LOWRANCE海底地形ファイル変換
マニュアルプレゼント

誰でも海底地形ファイルを購入してLOWRANCE用の地図が作れるマニュアル
を作成しました。無料でダウンロードできます。湖沼の方も国土地理院の数値地図データから無料で近所の湖沼の地図を作ることもできます
詳しくはこちら
■最適な設定 設置 を追及した提案
一つの機種につき振動子の種類だけで16種類 アンテナの適合機種で8種類
通信方式で4種類 使う船のタイプによって取付金具 振動子 架台変化するファクターは無限です。お客様に自分で選んでいただくのは至難の業です。経験と情報の蓄積から最適な機器と設定条件を選び出すことをお約束します。