弊社は最新の機器を実証して設計した魚探システム
をご提案しています。

今回ご提案するのはソナー搭載海用システムです

GARMIN FULL3DVIEWプロガイド

このシステムの特徴は

高速遠距離探知と捕捉追尾で魚群を逃さない仕様になっています
まずはバードビューレーダーではいち早くナブラを発見して活性の高い魚群を見つけます。

前方後方側方 90m先まで60°リアルタイムサーチ

更に
3D下方ソナーを船尾に設置しています。
前後左右の魚群を1秒に1回更新で探知できます

ソナーを装備するということは
船が完全静止した状態で、魚群の移動方向を知ることができます。

前方後方下方の魚群の距離 水深 移動方位が リアルタイム把握できるのシステムです。

■鳥を見つけることに特化したレーダー搭載
GARMINのレーダーはレジャー用で初めて鳥を見つけるバードビューモードを備えたレーダーです。
航空ナビゲーションで培ったテクノロジーは鳥を見つけて鳥の群れを10個まで捕捉自動追尾可能です。
回遊魚はベイトフィッシュを海面まで追い込んで補食します。そのベイトフィッシュを狙って鳥が集まるのです
魚を見つけるなら鳥から見つける 漁師の鉄則です

■エリアを把握する海底地形図オーバーレイ海底地形ファイル上にレーダーエコーを表示できるので
いろんな分析ができます

 他船の動きや漁網のブイの位置を把握できます

■水平方向のサーチが可能なPS31PS31は90m先までの海中を60度の扇形に90mの水深まで
毎秒1回データ更新で把握できます

またPANOPTIX PS31 3D前方/側方ソナーを船尾で自分で向きを変えられるように設置し魚群を捕捉し続ける仕様にしました

トローリングなら前方へソナー照射で魚群の遊泳方向を把握して魚を探す事もできます
後方に向けて仕掛がどの水深で曳かれているか確認できます
横に向ければテトラや桟橋のに沿って魚を見つける事ができます。

■本当に前方の魚群を狙える前方ソナーPS31実際に前方のベイトの群れを探知してその先にルアーをキャストしてベイトにつく魚を狙い撃ちできます

■前方へソナー照射
ルアーに魚が反応してるかどうかわかる用になりました
これにより全く新しい釣りが可能になりました■ソナーサイト
この3DソナーPS31ライブビューモードは毎秒30回の更新で水中動画を表示できます。
赤紫はルアーの軌跡です。移動したものは赤紫で表示される
エコートレイル
この機能は釣りの概念を大きく変革します。
これまで魚に何が効いているか検証できませんでした。このルアーや仕掛けの アクション スピード 音 カラーが効いているかどうかは実際に釣らないとわかりませんでしたが、このエコートレイルによって実際にバイトしなくても魚が反応して追ったかどうかわかります。
いち早く魚が反応する要素を見つけることができますので
ソナーを使ったサイトフィッシングが可能になります

桟橋のしたにいる魚を探したり

テトラに付いているシーバスを見つけて狙い撃ちしたり
水中を釣る前にしることが可能です

■後方へソナーを照射PS31を後方に照射すると仕掛けと自船の距離 方位 水深がリアルタイムで把握できる初めてのシステになります

■トローリングや完全フカセをリアルタイムコントロール
トローリングやフカセと言った後方へ流す釣りです
振動子の方向を船尾方向にむけて設置すると
後方へ流れる潮乗って流れるコマセやさかなや仕掛けが映ります

これまでの(完全フカセ釣り編)では潮にのったコマセに仕掛けが同調しているかどうか誰も確かめることがありませんでした。

3D前方ソナーPS31AQUAMAPがあれば ほんとうにに簡単同調確認ができます。

本当にテストしていて驚いたのが
コマセを打つ>鯛が集まる>仕掛けが同調する>鯛が釣れる
この流れを水中を覗くようにして観測できたのです

まずは
コマセを撒いた直後の画像です
コマセは流れていくので赤紫の帯になって映ります
これはエコートレイルという機能で動くもののの残像を画面に赤紫で残PANOPTIXだけの機能です。
その様子を収めた動画はこちら

■自船の周りの魚がわかる下方全周ソナーPS30
PS30全周ソナーはボートの周りを毎秒1回3次元で把握できます。
魚がどこから来ているのか 潮の流れ 漁礁と自船の位置
など狙うときのボートポジションをとるのに非常に有効です
漁礁や根のトップと自船のポジションの位置関係を平面的に把握できます。

■ナマの動画で下方を完全把握 ソナーPS30
全周下方ソナーPS30は3d表示以外にライブビューモードが有ります
毎秒30回の更新で水中動画を表示できます。
赤紫はルアーの軌跡です。移動したものは赤紫で表示される
エコートレイル この機能は下方の釣りをする場合の釣りを大きく変革します。これまで魚にこのルアー アクション スピード 音 カラーが効いているかどうかは実際に釣らないとわかりませんでしたが、このエコートレイルによってバイトしなくても魚が反応して追ったかどうかわかります。フォーリングや カーブフォールで追ったかどうか確認して
最終的にバイトに持ち込めるリグを見つける事が可能です

いち早く魚が反応する要素を見つけることができますので
ソナーを使ったDEEPサイトフィッシングが可能になります

■3Dサイドビューだから魚の棚が正確高速にわかる
PS30ではサイドビューヒストリー画面が可能ですサイドビューと違うのはボトムから魚群を分離表示できるので魚がどの位置どの水深にいたかわかります。
トローリングなどで棚を正確に把握できると有利ですが
棚の把握を高速かつ正確にできるのがこのシステムの強みです。

これまで魚探では
点でサーチ→魚の棚を把握
点での把握では魚の棚が不正確

これが3Dソナーに変わると
面で広範囲にサーチ→魚の棚を把握
面での把握は大量のデータから平均的に把握できるので正確

■3Dソナートローリングの仕方

PS31で後方に仕掛けやルアーを流して
どの対水速度でどれだけの糸量で
どれだけ仕掛けが潜るか把握

PS30で魚群の棚を把握

PS31で仕掛けが棚を保持するように調整

PS30リアルビューで魚 自船 仕掛けの位置を把握

こうすることで本当に釣れるトローリングができる様になります。

■高速広範囲サーチ サイドビュー
GARMINのサイドビューのパワーの大きさは比類ありません下記写真でわかるように400m幅で探査して右150m横の岸壁が映っています。

幅300m 毎秒10mでサーチできるサイドビューは
1km平方を探査した場合わずか400秒(6分40秒)で可能です。これだけ高速サーチしても1秒間に10回データ更新する高速高精度GPSによって座標解像度は1mです。

■探査面積 探査精度 探査速度 全てが革新水深5mで通常魚探前後2台で探査できる面積をごぞんじでしょうか。

通常魚探で水深5mで14㎡でしかありません。
それも探知できるのは真下だけです

基本的に前方に投げる釣りでは
前方の地形魚群はこれまでの魚探で全く把握できませんでした

そして魚探は船が止まっていると地形変化を見ることはできませんでした。

また魚がどの方向からきて去っていったかわかりませんでした。

PANOPTIX ps30/31とサイドビューを積むことで

前方後方側方真下 全方位をリアルタイムで船が停止していても把握できます。魚の進行方向 水深がわかるのです

たった14㎡しか把握できなかった水中を1秒間に22000㎡把握できるのがこのシステムです

このシステムは広い範囲をサーチするだけでなく サーチしたポイントの中でも最適なポイントを正確に撃ちぬくシステムです■3周波数画面ソナーシューティング
右から77KHZ 200KHZ 260KHZ

船の周り>船のサイズ>振動子の真下

船を流れにたてると魚が前方から後方へ進んでいったことがわかります。

深場の魚群を直接狙う釣りに最適な3周波数です

■正確な操船と精密なポイント記録を優先したシステム正確なポイント記録には振動子とアンテナの位置の同期が重要です。アンテナは外部アンテナなので振動子とアンテナの位置を同期することができます。

高精度高速のポイント記録には高速GPS
搭載するGPSはDGPS32CH 1秒間に10回データ更新ですので高速航行でも高い解像度で座標を記録できます。

■ポイント直撃能力を大幅に上げる
このシステムにはヘディングセンサー(静止方位センサー)をRASHIN-RS搭載することでポイント直撃能力を大幅に上げています。●停船状態で実際の船首 GPS上の船首が完全に一致
●狙うポイントへの航法を入れる必要はない
●流し釣りがやりやすい
●次々にポイントをアウトレンジ直撃できる

GPSと自船の船首が同期することで、GPS上に映し出されるポイントや地形の方位やイメージを勘違いすることなく正確に受け取れます

ポイントとの距離把握ボートポジションの維持
正確なキャストでのポイント直撃が誰でもできるようになるのがヘディングセンサーです。

GARMIN マリンWi-Fi Adapter Kit搭載
WIFIでスマホやタブレットから操作 モニター
AQUAMAP100XSはGARMIN HELMを使ってスマホやタブレットから操作 モニターが可能ですキー操作モデルのAQUAMAPをIPHONEやアンドロイドスマホから操作もモニターもできるのは画期的です。
6台までの機器を接続可能です。

お客様のご要望に応じてシステム変更可能です
リクエスト ご要望なんでもご相談ください

■最適な設定 設置 を追及した提案
一つの機種につき振動子の種類だけで16種類 アンテナの適合機種で8種類
通信方式で4種類 使う船のタイプによって取付金具 振動子 架台変化するファクターは無限です。お客様に自分で選んでいただくのは至難の業です。経験と情報の蓄積から最適な機器と設定条件を選び出すことをお約束します。

■BOTTOMHAUS 会員募集LOWRANCE の最新アップデート情報を手に入れるなら
ポイント還元で最大10%還元
たくさんの特典盛りだくさんです
詳しくはこちら