レンタルボートはいろんなタイプがあります。そこで問題になるのは魚探を持ち込んだ時にどうやって振動子を付けるか?です。これまで販売されてきたものは和船ではクランプの幅が足りなくて取り付けられないこともたびたびありました。

そして昨今、サイドビュー魚群探知機が急激に普及してきました。

サイドビュー魚群探知機の振動子は大きく長いものが多く、サイドビューの特性上エレキではなくトランサムに設置する必要が有りました。

より、強力な保持力をもった振動子ポールが必要になったのです。

そこで今回 振動子設置ロングポ-ル TDP-LW開発しました

2016-03-10 10.25.19
■ワイドな取付幅トランサム厚7cm

船底からトランサムまでの

距離100cmまで対応できます

一部和船タイプのレンタル

ボートも対応します

なおエンジン船の使用は強度が持ちません


ストラクチャースキャン振動子LSS-2

GT21/41/51/52でも使用できるように強化された専用クランプ2個で固定できます

ので

御使用をお控えください

エンジン船使用/大型振動子の場合は

漁船用振動子ロングポール TDP-L-PRO を御使用ください

■丈夫なダイキャスト2本フレーム固定

2本のクランプで船体に固定するので安定して強力に振動子を止められます

2016-03-10 10.25.27

■クイックリフト機構

パイプをワンタッチで引き上げます

上下調整も簡単です。

2016-03-10 10.24.58

 

■ブレイクアウェイシステム

進行中に振動子ポールがあたっても跳ね上げることで故障を回避します。

ポイント移動での上げ下げもスムーズです。

2016-03-10 10.33.22

■マリンアルミポール

ステンレスをやめてあえてマリンアルミに変えたのは

軽さともしも接触した時に振動子やトランサムの破損を避けるためです。

衝突してもポールが曲がることで船体や取付金具を守ります

2016-03-10 10.26.17
■アジャスト機構

ハンドルをして調整ができます

簡単取付 取り外しが可能です

ステンレス製で塩にも強いです。

2016-03-10 10.25.39
■  トランサム角度に合せて調整可能

2016-03-10 10.33.29

 

2016-03-10 10.25.33