2014年新作 カートップ ボートシステム
2014年はLOWRANCEのすべての武器がそろう年です。前方 全周ソナー
CHIRPソナー GOFREE WIFIという武器を組み合わせてどんなシステムが組めるか提案させていただきました。

今回はバスフィッシング向けの
カートップボートシステムです

「HDS-7 GEN2 TOUCH」カートップボート システム
■本体 HDS-7 GEN2 TOUCH
■スポットライトスキャン振動子 800/455/200/83KHZ
■ストラクチャースキャンHDモジュール
ストラクチャースキャン振動子 800/455KHZ

このシステムでは「HDS-7 GEN2 TOUCH」

スポットライトスキャン
ダウンスキャン
ストラクチャースキャン
ブロードバンドソナ-

4種類の探査方法がバウデッキでも 
リアでも使用できる先進的なシステムです

ストラクチャーマップ

ダウンスキャン

スポットライトスキャン

ストラクチャースキャン

これは今回はバスフィッシング向けの
カートップボートシステムです
1台でバウで使用する時もリアで魚探掛けするときも
使いやすい組み合わせを考えてみました。

カスタマイズのご相談 お問い合わせはこちら

このシステムは釣りの大きな技術革新を進めます
前方方向の狙い撃ちを本格的にできる初めてのシステムです。

これをカートップのボートで運用すればどこへだっていけます

初めて行くフィールドではどこを釣っていいかわかりません
有名ポイントへの行き方もわかりません

初めて行くフィールドではフィールドの状態やポイントを早急に把握することがキーになります

そこで重要になるのはまずはが実際に映るエリアを探すことが有効です


このシステムの素晴らしいことは
ストラクチャースキャンの最大180M幅のベイトサーチで魚の映るエリアを高速に把握できる点です、

リザーバーなら河の中央を走るだけでどんどん魚群を見つけられます
実際に大きな魚群が映るエリアを見つけたらどんどん魚群を直接マーキングしていきます。

魚群を直接マーキングしていく中でストラクチャーやブレイクといった地形や水中のポイントと絡むベイトを見つけていきます

ベイトが絡むポイントを記録したら
「HDS-7 GEN2 TOUCH」をフロントに移動して
スイッチボックスで振動子を切り替えてスポットライトスキャンで
ポイントを直接サーチします

まさに今ベイトが絡んでいるポイントはバスがいれば捕食活動に入るその時である確率も高いです。
その捕食状態に入ったバスをレッシャーをかけない距離から狙うことによって魚に口を使わせる確率を上げてしまうことができます。

ベイトが絡んだ
水面下のストラクチャーを
ポイントに入らないで
プレッシャーをかけない距離から
狙撃する。

これ以上魚が口を使わない条件を上げるとしたら

バスじゃなくて鯉やフナが映っている

と言えます。そういう場合には

どんどん自信を持ってポイントを見切ってRUN&GUNしてください

判断の基準、敵を見つける能力、索敵能力が戦闘のあり方を変えてしまったことは歴史をひも解けば明らかです。

肉眼で敵を見つけていた時代に登場した望遠鏡はどんどん発達して高倍率化しました、

望遠鏡でも見えない夜間でも見えるレーダは数百キロ先も探知できるように発達しました。

レーダーでも見えない地平線のを超えた場所を見るために偵察衛星が生まれました。

早く広く詳細にエリアを探査して把握できるものがそのエリアを制する
ことは歴史が証明しています

十年以上通いこんでいるアングラーでも今日のコンディションでベイトがついているエリアは具体的にはわかりません。

逆に全く土地勘のないアングラーでも、今日のコンディションでベイトがいるエリアをつかめば狙うバスへと早く近づけるはずです。

技術の進化は魚とのやり取りも大きく変えることでしょう。2014年新しい釣り方やタックルのイノベーションも起こりうることと思います。
■2014年新作カートップボートシステム概要


このセットはリアではストラクチャースキャンでの高速サーチ
バウではスポットライトスキャンによる前方狙撃が1台のHDS-7 GEN2 TOUCHで可能なセットとして組んでみました

ストラクチャーマップで水中地形図がかかれたマップを表示して
ポイントを手前から狙い撃ちするオフサイトフィッシングをさらに進化させた
アウトレンジ釣法が可能になっています。
さらに、通常スポットライトスキャンを使うとストラクチャースキャンは使えなくなりますが、
このセットではイーサネット経由でストラクチャースキャンとストラクチャーマップが使えますので水中の状態をどんどん暴き出すことができます。そして実際に釣りをして確認したポイントをどんどん記録します。
スポットライトスキャンで前方の魚群を狙い撃ちしながら、ストラクチャースキャンで広大なエリアを高速に解析し表示して釣りができます。

3段構えの狙い撃ち
1.前方を狙う
スポットライトスキャンで前方の魚群を狙い撃ち

2.ポイントに入る前から狙う
ストラクチャースキャンとストラクチャーマップで見つけたポイントポイントの遠距離から狙い撃ちする

3.真下と後方を狙う
真下様子がの写真画質でわかるダウンスキャンで真下と後方の魚群を狙い撃ち

これまでは
見つける→記録する→狙い撃つ
ポイントを一度通過しなければ狙い撃ちできませんでした

スポットライトスキャンを装備するこのキットでは
見つける→狙い撃つ→記録する
まだ通過していないポイントを見つけてプレッシャーを与えずに遠距離から狙い撃ちできます

自然の摂理は証明しています。

シマウマは、頭の横に目がついていて、広い視野で、敵を早くみつける。
ライオンは、頭の前方に目がついているので獲物までの距離がつかめる。

シマウマのように横方向をストラクチャースキャンで広く探索して
ライオンのように前方をスポットライトスキャンで獲物を捕る

広いエリアから早く獲物を見つけ、敵が気が付く前に、敵の攻撃範囲外から攻撃するものが戦いを制する 理想の釣りができるシステムです

■カスタマイズのご相談

このセットをベースに必要なものを増やしたり
減らしたりこともできます。

HDS-9 gen2 Touchにする
などカスタマイズは可能です。

カスタマイズのご相談 お問い合わせ

■バージョンアップについて
バージョアンアップはまだ出ていませんが
スポットライトスキャンの発売と同時に出る予定です。
スポットライトスキャンを使用する場合本体のバージョンアップが必要です。
■NMEA2000ポートについて
スポットライトスキャンの振動子は3つ端子が必要です

1 ブルー振動子コネクター
2 ストラクチャースキャンコネクター
3 NMEA2000(振動子の振り角検知センサー信号)

NMEA2000が埋まっている場合は拡張する必要があります。

■「HDS  GEN2 TOUCH」+LSS-2振動子を使って
ストラクチャースキャンをしているお客様が
スポットライトスキャンを追加して同時に使用する場合必要なものは

本体のバージョンアップ
スポットライトスキャン振動子
ストラクチャースキャンHDモジュール
NMEA2000ケーブルです

■「HDS  GEN2」+LSS-2振動子+ストラクチャースキャンHDモジュールを使ってストラクチャースキャンをしているお客様が
スポットライトスキャンを追加して同時に使用する場合必要なものは

本体のバージョンアップ
スポットライトスキャン振動子
ソナーハブ
NMEA2000ケーブルです

LOWRANCE海底地形ファイル変換マニュアルプレゼント
誰でも海底地形ファイルを購入してLOWRANCE用の地図が作れるマニュアル
を作成しました。無料でダウンロードできます。湖沼の方も国土地理院の数値地図データから無料で近所の湖沼の地図を作ることもできます
詳しくはこちら

■最適な設定 設置 を追及した提案
一つの機種につき振動子の種類だけで16種類 アンテナの適合機種で8種類
通信方式で4種類 使う船のタイプによって取付金具 振動子 架台変化するファクターは無限です。お客様に自分で選んでいただくのは至難の業です。経験と情報の蓄積から最適な機器と設定条件を選び出すことをお約束します。

■BOTTOMHAUS 会員募集

LOWRANCE の最新アップデート情報を手に入れるなら
会員特典で最大10%優待
たくさんの特典盛りだくさんです
詳しくはこちら