2016ボートショウ行ってきました  

2016ボートショウ行ってきました

まず気になったのはLOWRANCE/GARMIN   最初にチェックしたのはLOWRANCE ELITE-7TI 2016-03-04 16.50.31  
ほとんど hds-7gen2 touchです
hds-7gen2とくらべると chirp発信になってwifiがついています

画面共有のネットワークがなくなっています。

映像入力がない

3dストラクチャースキャンはできない 2016-03-06 09.51.38この点がHDS Gen3 との違いです














現物の振動子がペットボトルより長い。取付はちょっとむずかしいようです。

エレキは無理ですね  

続いてGARMIN
2016-03-06 15.35.15  
他社も偵察に来てました まあ、お互いに偵察しあいですね。
garmin-echomap-chirp-92sv-chartplotter-fishfinder-with-transducer

このECHOMAP CHIRP CHIRP サイドビュー PANOPTIX接続 wifi無し


2016-03-05 16.38.49

振動子は (155 x 52 x 26 mm)かなり小型でエレキ取付金具も付属

2016-03-06 11.55.44

以外にもECHOMAP CHIRP45DV縦3周波数表示も可能 これにQUICKDRAW

CONTOURS(自動等深線作図機能)もついてGT20付属で税別59000円は

お得ですね  

そして噂のQUICKDRAW CONTOURS(自動等深線作図機能) 2016-03-06 16.02.47

NEWPEC+海底地形図1m間隔等深線図

これにQUICKDRAW CONTOURS(自動等深線作図機能)で作成した

30cm間隔の地図を乗せると 2016-03-06 16.02.35

全く違う海底渓谷が見つかりました。

NEWPECも含めて海底地形図は所詮イメージでしかないので、実測と比べると全く違うことがわかります。

QUICKDRAW CONTOURS(自動等深線作図機能)では10cm刻みで指定できる色塗リ機能が追加されていました。

MENU>QUICKDRAW CONTOURS>setteing>depth shadeing ここで指定した色に指定した水深
(例:15m-15.5m 色マゼンダ)の色が

指定できるので狙いたい水深を簡単に強調表示できます。


2016-03-06 10.04.11

それと今回気になったのがソナーの振動子設置方法

電動昇降でHONDEXは50万円

HUMMINBIRDは25万円

タロンベースで作ればかなり荒れた海面でも水中深くに振動子を入れられるので

いいかもしれません 2016-03-06 09.57.03

     
 
 
日付 : 2016/03/10 照会 : 2165
 
次 : 25ノットでも描画 GT21-TM振動子で水深445mでもリアルタイム自動等深線図作成Quickdraw Contours