商品検索

検索

お得なメールマガジン

メルマガ登録/解除
 

HDS GEN2 TOUCHに
HDI振動子搭載モデル 新登場!!
BOTTOMHAUSEではHDS GEN2 TOUCHシリーズに
4周波数を一つの振動子で発射するHDI振動子
搭載モデルをご用意しました
 

【HDIとは】
"HDIとはハイブリッドデュアルイメージング のことを言います

HDI振動子
淡水用800/455/200/83/khz
水温センサー内臓

税抜20000円 購入はこちら

HDI振動子
海水用800/455/200/50/khz 
水温センサー内臓

税抜38000円 購入はこちら

●超深場 デッドゾーンを探査できる
ブロードバンドサウンダ
海用200/50KHZ 淡水200/83KHZ

●写真画質の
ダウンスキャンイメージング(DSI)800/455KHZ

今回LOWRANCEのフラッグシップモデルHDS Gen2 Touch HDIは
ほかのHDIの名を持つモデルELITE-7HDIやELITE-5HDIと同様には4周波数を発射できるHDI振動子装備しています
海水用モデルは800/455/200/50/khz 
淡水用モデルは800/455/200/83/khzの
4周波数発射が1つの振動子で可能です。
4周波数 ブロードバンド+写真画質ダウンスキャンができます

【HDS Gen2 Touchで
HDI振動子を使うメリット】
これまでHDSシリーズは写真画質のダウンスキャンを行うのにLSS-2ストラクチャースキャン振動子が必要でした。
 HDSシリーズの場合ダウンスキャンをするのにLSS-2振動子+発信ユニット税抜88000円が必要で、
【HDS Gen2 Touch 】の場合でもLSS-2振動子税抜44000円かかりました。
ケーブルもブロードバンド振動子とLSS-2振動子の2本必要で不便でした。

2つの振動子があって初めて
ダウンスキャンオーバーレイができる状況でした。

また、バウでダウンスキャンをした場合、振動子はトランサムにつけたLSS-2振動子のデータを使うしかありませんでした。この場合、GPSデータはバウに設置された本体内臓のアンテナ 振動子はトランサムということになって大きな誤差を生じていました。 

今回【HDS Gen2 Touch 】をver2.0以上にアップデートすることで
ELITE-7HDI用に開発されたHDI振動子が使用できるようになりました。

【HDS Gen2 Touch 】+HDI振動子

この組み合わせは特にエレキで【HDS Gen2 Touch 】を使用していたお客様は大きなメリットがあります。

★大幅コストダウン
ダウンスキャンのために必要なコストが
淡水の場合で
LSS-2振動子税抜44000+200/83KHZ振動子税抜14000=税抜58000→HDI湖沼振動子20000円へ38000円ダウン

海水の場合で
LSS-2振動子税抜44000+200/50KHZ振動子税抜17600=税抜61600→HDI湖沼振動子38000円へ23600円ダウン

★簡単設置
トランサムへの振動子設置が楽になる 以前はLSS-2振動子+ブロードバンド振動子の二つの振動子が必要だったのが1つになります
★精度向上
ブロードバンドとダウンスキャンを同じ場所から発射できるのでダウンスキャンイメージング(DSI)オーバーレイの精度が高くなります


無償バージョンアップ
現在【HDS Gen2 Touch 】をお使いのお客様がHDI振動子を導入する際にはVER2.0以上のソフトがないと動作しません。VER2.0以前のお客様は弊社で無償バージョンアップさせていただきます。

ボトムハウス エディションは
使う環境に合わせた最適なHDSシリーズの組み合わせをご提案します
高価なGPS魚探を買う上で必要な条件情報を集約して お客様の買い損ない 選び間違いをなくす構成にしてあります。

ご購入はこちらから

■BOTTOMHAUS 会員募集

LOWRANCE の最新アップデート情報を手に入れるなら
ポイント還元で最大10%還元
たくさんの特典盛りだくさんです
詳しくはこちら

ページトップへ

Copyright © GPS魚探 魚群探知機専門店 ボトムハウスAll Rights Reserved.