商品検索

検索

お得なメールマガジン

メルマガ登録/解除
 
お知らせ

2015/12/17

■AQUAMAP VER3.50 QUICKDRAW CONTOURSの色分け設定が可能になりました。



自動海底地形図作成機能 Quickdraw Contours

AQUAMAP/ECHOMAPユーザーは次の無料アップグレードで 自動海底地形図作成機能を使えるようになります。一番安い42DVから魚探だけで30cm刻みの等深線が自動生成されます。
 

2GBで1500時間のデータを収録できる自動海底地形図作成機能Quickdraw™ Contours 本サイト登録者へはインストール方法とダウンロードをお知らせします。
2016年4月アップグレード予定です。
今しばらくお待ち下さい。

Quickdraw Contours Quickdraw Contours

実際に使用した画面を録画しました。

長江で自動海底地形図作成機能 Quickdraw™ Contoursを使ってみました

こんなに綺麗に作図してくれます。

一番安いモデル42DVだけで地図を自動生成してくれるなんてまさに
これこそが欲しかった機能です。

これが無料です。これから買う人も これまで買った人も無料です。



■AQUAMAP VER3.50
リリースノート:Aquamap3.40→3.50 改良済み ポイント

QUICKDRAW CONTOURSの色分け設定が可能になりました。
地図画面 MENU>QUICKDRAW CONTOURS>設定>深度色分け で設定可能です

色分けの設定は9.1-12.2mが初期値になっています。

設定する水深の深い側が9.1mより浅い場合はどん底を先に設定してください

設定する水深の深い側が9.1mより深い場合はアッパー深を先に設定してください

■発見されたバグ

1.1.VER3.5にアップデートするとスピードフィルターの初期設定が20秒に設定されてしまいます。その結果GPSの反応が20秒後に反映されます。
ユーザーはAQUAMAPが壊れていると誤解します。

2.VER3.5で2台のAQUAMAPでGPS共有設定ができません。

3.VER3.5でAQUAMAP GT15/22/23周波数可変ができるようになりましたが、この機能はインストール時点では使用できるが何度か再起動すると使用できなくなります
4.ノースアップ使用時にヘディングライン(船首方位線)の反応が極端に遅くなる

5.FISHマークの設定で、どれを選んでも「OFF」と表示される不具合があります。表示が間違っているだけで、FISHマークは出ます。

■バグへの対処方法
1.GPSの反応が20秒後に反映/4.ノースアップ使用時にヘディングライン(船首方位線)の反応が極端に遅くなる

対処方法:スピードフィルターをオートに設定し直せば解消します。
地図画面>MENU>その他の機能>GPS>スピードフィルター>オート

2.VER3.5で2台のAQUAMAPでGPS共有設定ができません

QUICKDRAWで記録するAQUAMAPのみをVER3.5にします。このAQUAMAPのみGPSアンテナを接続します
その他のGPSMAPはすべてVER3.4にダウングーレードしてください
VER3.4は以下からダウンロードできます
https://www.dropbox.com/s/a8ymdppf6qswfgf/GUPDATE.gcd?dl=0
ダウングレード手順

1.必ずバックアップをとってください

2.データを並べる



ダウンロードしたデータはマイクロSDカードにコピーします。

リム―バルディスク 直下のフォルダーがGarminになるよう

2-1.GARMINフォルダを作成してください。

2-2.GARMINフォルダの中に”GUPDATE.GCD”をコピーして下さい。

3.SDカードをAQUAMAP100XSに電源を切った状態で挿入します。

4.▲(上カーソル)を長押ししながら電源を入れて"SOFTWARE LOADING"が表示するまで長押ししてください

表示されたらダウングレードが実行されます。
自動起動しますので、起動画面でSoftware VER3.40となっていることを確認して下さい。

自動起動しますので、起動画面でSoftware VER3.40となっていることを確認して下さい。

3と5については次回バージョンアップでバグ修正致します。

■まだできないこと

QUICKDRAW CONTOURSの日本語がおかしい部分は次回修正予定です

GPSMAP上で作成したQUICKDRAW CONTOURSデータはAQUAMAP上での共有はできません

デュアルレンジレーダーの地図オーバーレイができない

【注意】

QUICKDRAW CONTOURSはネットーク上1台 いつも同じ1枚のSDカードで記録してください。

同一ネットワークで複数台のQUICKDRAW CONTOURSは動作しません

アップデートは必ずネットワークケーブルを抜いて本体1台で行ってください。
アップデートファイルがほかのネットワーク機器の接続ファイルを書き換えてしまい接続できなくなる現象が起きることがあります。

AQUAMAPアップデートが終わってかららネットワークに接続してください。
【免責】
 ハードウェアの障害、ソフトもしくはデタ消失商品仕様また使用不能から生ずる損害(事業利益の失、中断情報またはそ他金銭的)に関して、当社は一切責任を負いません。HDD RAM等記憶媒体の保存デ ータについては、一切を保証致しません。事前バックアプおとりください。

以上にご同意できる方は以下をクリックしてダウンロードしてください。

ソフトウエアを以下からダウンロードして自分でアップデート可能です

1.以下からダウンロードして下さい。
https://www.dropbox.com/s/okt5dy3gkwadptp/GUPDATE.GCD?dl=0

2.データを並べる

ダウンロードしたデータはマイクロSDカードにコピーします。
リム―バルディスク 直下のフォルダーがGarminになるよう
2-1.GARMINフォルダを作成してください。
2-2.GARMINフォルダの中に”GUPDATE.GCD”をコピーして下さい。
-----------------------------------------------------
元のバージョンによっては以下の手順1もしくは2で
バージョンアップします。
-----------------------------------------------------
----手順1
3.起動後にメモリカードを挿入
4.ソフトを自動認識して、SOFTWAREUPDATEを表示
表示されたらこれをSELECTするとアップデートが実行されます。
自動起動しますので、起動画面でSoftware VER3.50となっていることを確認して下さい。

----手順2
3.SDカードをAQUAMAP100XSに電源を切った状態で挿入します。
4.▲(上カーソル)を長押ししながら電源を入れて"SOFTWARE LOADING"が表示するまで長押ししてください
表示されたらアップデートが実行されます。
自動起動しますので、起動画面でSoftware VER3.50となっていることを確認して下さい。




ダウンロードが面倒だという方やスマホユーザーは以下からアップデートsdカードを購入できます。

■Quickdraw Contoursアップデート MicroSDカード
http://bottomhaus.com/shopdetail/000000001579/




■GARMIN日本ベースマップ テスト
内容が更新されました修正した日本ベースマップができました。
ダウンロードしたファイルをGARMINフォルダーに入れて使用してください。

https://www.dropbox.com/s/z3kk5fkclamhray/JapanGISBaseMap.img?dl=0

 

3377view

次へ リストを見る

ページトップへ