GPS魚探 魚群探知機販売専門店 ボトムハウス
主にLOWRANCE(ローランス),HUMMINBIRD(ハミンバード),HONDEX(ホンデックス),T-RIGGER(トリガー),interphase(インターフェイス)などを取り扱っております。

商品検索

検索

お得なメールマガジン

メルマガ登録/解除
 

GCV-10+スルハル水平垂直スキャン振動子GT30-THペアセット


商品コード : GCV-10+GT30-THP
製造元 : GARMIN
価格 : 294,000円( 税込317,520円)
ポイント : 2,940
数量
 

SIDE VUソナーボックス GCV-10によって
CHIRP水平スキャンが使えるようになります
フルレンジCHIRPは10倍のエネルギーと100倍の情報量で圧倒します。

《フルCHIRP回路搭載GPS魚探
GARMIN AQUAMAPシリーズ用
SIDE VUソナーボックス GCV-10》

+シャフト船用水平スキャン振動子GT30-THペア(2個)セット》

■どんな船に取付できるか


トランサムより後にプロペラがあるボートでも使用できます
。バスボート トレーラブルボート カートップボート といった船外機を使用する船 船内外機船 

 トランサムより前にプロペラがあるボートでも使用できます。ヨット シャフト船 ディープV POD推進器への取付も可能です。

 水平探査用振動子は右舷の船首から船体長1/3の位置より後ろにつけます。その場所で横舷方向に発信したビームは振動子が2個あるのでキールへの干渉は関係ありません。

●シャフト軸がキールに沿って飛び出している船
●ヨットキール横 
●ディープV
などの船は取付はご相談ください。

取り付けの 電源の電圧は10-32 Vまでです。

■水平探査用振動子設置方法
水平探査用振動子GT30-THはセンターキールにサイドビューが当たらないよう右舷左舷各1個スルハル設置してください

《フルCHIRP回路搭載GPS魚探
GARMIN AQUAMAPシリーズ用
SIDE VUソナーボックス GCV-10》

■日本で初めて発売される全域フルCHIRP発信モデル

ACUAMAPシリーズはフルCHIRP魚探です
【本体のみで発射できる周波数】
CHIRP高周波数 130-210KHZ 
CHIRP中周波数 95-155KHZ 
CHIRP低周波数 28-75KHZ 
50/77/200 kHz ブロードバンド
このような多彩な本体のみで発射できる上に
写真画質ダウンビュー800/455khzもCHIRP化しています


SIDE VUソナーボックス GCV-10これをプラスすることでAQUAMAPシリーズは更なる高性能化を達成します

■GCV-10でできること
【写真画質水平スキャンサイドビューCHIRP魚探】 
右150m 左150m 深さ225mの範囲を一気に探査できる水平スキャンサイドビューCHIRP魚探にアップグレード

【写真画質ダウンビューCHIRP発振回路内蔵】
垂直225m 800/455khz ダウンビューCHIRP発振


【トラックバック/ソナーログ機能】
過ぎ去ったポイントを巻き戻して記録できるトラックバック機能/すべての魚探探知データを座標と同期記録ソナーログが可能です。
水平スキャンでは真下だけでなく横方向に映ったポイントを記録できます


【マルチディスプレイ対応機能】
ディスプレイを増やしていくことが可能です
ディプレイを3つまで増やせます


【対応機種AQUAMAP100XS/80XS】

AQUAMAP100XS 10インチ
AQUAMAP80XS   8インチ

■CHIRPサイドビューで450mの幅で探査
量産型GPS魚探サイドスキャンとしては世界初のCHIRPモデルです。

モジュールGCV-10を追加することで 右150m 左150m 深さ225mの範囲を一気に探査できる水平スキャンサイドビューCHIRP魚探へと進化します。

【同じサイドスキャンを比較すると】

同じサイドスキャンを比較すると、単純に探査幅がHUMINBIRDの90mからAQUAMAP300mになったということは3.3倍の探査効率です。
 さらにAQUAMAPは1秒間に10回座標データ更新するDGPS回路搭載しています。

探査幅x1秒間の座標データ更新回数=探査データ量
同じ時間で10倍のデータ密度があります。

1mに1回の座標データを取得したデータを撮るには
HONDEX HUMMINBIRDは1秒に1回のGPSデータ更新です

したがって、秒速1mで航行しないと1mの解像度があるデータが取れません。

AQUAMAPは秒速10mで航行しても1mの解像度があるデータが取れます

【HUMINBIRDのサイドイメージと比べて】
10倍の速度で3.3倍の探査範囲
AQUAMAPは10x5=33倍の探査効率です

【通常魚探とACUAMAP サイドビューを水深10mで比較
水深10mで 通常の魚探200khzの場合 幅2mの探査範囲でしかありませんが ACUAMAP サイドビューは左右合わせて300mの幅で探査することとの比較になります

その差150倍

10倍の速度で150倍の探査範囲
AQUAMAPは
水深10mで10x150=1500倍の探査効率です

【通常魚探とACUAMAP サイドビューを水深5mで比較】
AQUAMAP+GCV-10 探査幅300m

200khz20度指広角  探査幅1m

その差300倍

10倍の速度で300倍の探査範囲
AQUAMAPは水深5mで
10x300=3000倍の探査効率です

これまで測量機器、探査機器で1台1500万円以上していた
CHIRPサイドスキャンが30万円を切る価格で手にはいってしまうことは革命です。


この値段でできてしまうことで、多く人がサイドスキャンを海で本格的に使えることになります。450mの幅 深さ225mまで探査できるサイドスキャンによって釣り人、漁業関係者はもちろん、測量、研究、調査、探査で大きな革命が起きることでしょう。

【具体的なサイドスキャン使用例】

救命側索
メタンハイドレート探査
ダム湖や河川などの水深や水底の地形を測る「浅深測量」
ダム堆積物調査
精密海底地形調査
浚渫調査
浚渫施工管理
藻場分布調査
構造物(災害)調査
構造物(現況)調査 
音波探査(海底下地層探査)
200mまでの地形把握
深浅測量
 
他社では上級モデルでさえまだ採用していないCHIRPソナーを中級モデルに投入して魚群探知機の技術革新を進める革新的なモデルがAQUAMAPです。

価格は中級モデルながら、本体の測深能力は業務用モデルをこえた調査研究機の機能を備えています。

■AQUAMAPサイドビューと探査効率を比較

【LOWRANCEのストラクチャースキャンと比べて
2倍の速度で1.67倍の探査範囲


2x1.67=3.3倍の探査効率です


POINT-1を使用すると1秒10回のデータ更新です

1x1.67=1.67倍の探査効率です

【HUMINBIRDのサイドイメージと比べて】
10倍の速度で3.3倍の探査範囲
10x3.3=33倍の探査効率です

【HONDEX 通常魚探と比べて】
10倍の速度で水深10mで150倍の探査範囲
AQUAMAPは水深10mで10x150=1500倍の探査効率です


10倍の速度で水深5mで300倍の探査範囲
AQUAMAPは水深5mで10x300=1500倍の探査効率です

次元が違います

■CHIRPダウンビューで225mの測深

特筆すべきは写真画質ダウンビューで225mの測深が内蔵回路で可能な点です。

これまでダウンビューは800/455khzを使うので超音波の特性上100mを超える測深ができませんでした。


実際 通常の断続波パルス方式を使用するHUMMINBIRDでは水深50m程度の探査が限界でした

ブロードバンド方式のダウンスキャンのLOWRANCEでさえ90mが限界でした

これまで発売されたダウンスキャンでは、262/455/800khzを海水で使用した場合十分な探査深度が取れませんでした
結果 湖沼と内海でしか使えないもどかしさがありました。
 
 
GARMIN社は世界に先駆けて800/455khzを連続圧縮波CHIRPで発信する方式を実用化しました

 そして、海で写真画質ダウンビューで真下225m探査を可能にしました。
 200mを超える深海でのダウンビュー画可能になったことで、これまではっきりわからなかった沈降物の正体が明らかになります。

濁った場所では水中カメラは使えません。
200mを超える水深では水中カメラは使えません


200mを超える水深で 濁っていても詳細な写真画質が得られるCHIRPダウンビューは水中探査の精度と範囲を異次元に引き上げます

200mを超える水深で沈船の発見に威力を発揮する写真画質のダウンビューが現実に可能になりました。

本当にいい時代になったもんです。

200mを超える水深で動作するCHIRP+写真画質
従来の写真画質より エネルギーが大きいのでクリアで解像度も高いです。
 海底のスチラクチャーの正体を暴きまくりです。

■過ぎ去ったポイントを巻き戻して記録できる
トラックバック機能

魚探でいいポイントを見つけた時はすでにポイントを過ぎています。本当に必要なポイントを巻き戻して特定して記録できる機能トラックバック機能。
GARMIN AQUAMAP GPS魚探は全機種 画面に表示する水深魚探情報は座標情報と一緒に記録されます。

 そのためポイントを過ぎてから魚探画像をまきもどして表示して、狙った場所にカーソルを合わせてあとから記録できます。何度もポイントを往復してポイントを打ち直す必要はありません。

水平スキャンでは真下だけでなく横方向に映ったポイントを記録できます

■マルチディスプレイ対応機能
ディスプレイを増やしていくことが可能です
ディプレイを3つまで増やせます。

【設置例】
ディスプレイ1.レーダーGPS用ディスプレイ
ディスプレイ2.サイドビューディスプレイ
ディスプレイ3.ダウンビュー+通常魚探

【当然データリンクは完全にできます】
■自動ユーザーデータ ポイントデータシンクロ共有
■ネットワーク上で複数の機器から地図共有
■アラーム共有


CHIRPソナ−の特徴は広いレンジを連続周波数可変しながら連続波を発射する全く新しい機構です 
《CHIRPソナーの優れるところ》
こちらからCHIRPの機構 原理は見ることができます

CHIRPソナーのロングテスト
CHIRPソナーを約1か月10回の釣行で徹底して使いこんでみました。
その結果わかったことをまとめてみました

■BOTTOMHAUS 会員募集
LOWRANCE の最新アップデート情報を手に入れるなら
ポイント還元で最大10%還元
たくさんの特典盛りだくさんです
詳しくはこちら


 



 

GCV10サイドビューモジュール及びレーダー及び3DソナーPANOPTIX PS30/31

ご注文の方には

WIFI-アダプター for GARMIN

をプレゼント

このWifiルーターは、PCデバイスメーカーがGARMIN用にカスタマイズした特注品です

純正「GARMIN魚探 Wi-Fiアダプターキット」を

接続した状態と同等の機能を使用することが可能です。

GARMIN魚探 Wi-Fiアダプターキット:43,200円(税込)

の機能を無料で使うことが出来ます。

使用上の注意

※防水機能はありません。
※iOSのみとなります。Androidは対応しておりません。
※空いてるイーサネットポートにはGARMINネットワーク(レーダーやソナー)機器は接続できません




WIFIでスマホやタブレットから操作 監視 
AQUAMAP100XSはGARMIN HELMを使ってスマホやタブレットから操作 監視が可能です

キー操作モデルのAQUAMAPをIPHONEやアンドロイドスマホから操作も監視もできるのは画期的です。
6台までの機器を接続可能です。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

■海シャフトドライブ船取付

AIS 2CH受信機 HA-100

AIS 2CH受信機 HA-100

40,000円( 税込43,200円)

AIS用VHFアンテナ 4FT 1.2m

AIS用VHFアンテナ 4FT 1.2m

20,000円( 税込21,600円)

GARMIN バードビューレーダーGMR18XHD

GARMIN バードビューレーダーGMR18XHD

300,000円( 税込324,000円)

GARMIN バードビューレーダーGMR424XHD1.8度72NM長距離高解像度レーダー

GARMIN バードビューレーダーGMR424XHD1.8度72NM長距離高解像度レーダー

780,000円( 税込842,400円)

GT30-THP ペア スルハル水平垂直スキャン振動子

GT30-THP ペア スルハル水平垂直スキャン振動子

220,000円( 税込237,600円)

AQUAMAP80XS CHIRP水平垂直スキャン シャフト船設置モデル

AQUAMAP80XS CHIRP水平垂直スキャン シャフト船設置モデル

473,000円( 税込510,840円)

AQUAMAP100XS CHIRP水平垂直スキャンシャフトドライブ船設置モデル

AQUAMAP100XS CHIRP水平垂直スキャンシャフトドライブ船設置モデル

484,000円( 税込522,720円)

GARMIN マリンネットワーク ハブ4ポート

GARMIN マリンネットワーク ハブ4ポート

44,000円( 税込47,520円)

GARMIN Marine Wi-Fi Adapter Kit

GARMIN Marine Wi-Fi Adapter Kit

40,000円( 税込43,200円)

「GARMIN」の関連記事

「GPSMAP」の関連記事

「AQUAMAP」の関連記事

「echoMAP」の関連記事

「レーダー」の関連記事

「3Dソナー」の関連記事


ページトップへ