GPS魚探 魚群探知機販売専門店 ボトムハウス
主にLOWRANCE(ローランス),HUMMINBIRD(ハミンバード),HONDEX(ホンデックス),T-RIGGER(トリガー),interphase(インターフェイス)などを取り扱っております。

商品検索

検索

お得なメールマガジン

メルマガ登録/解除
 

LOWRANCE HDS GEN2シリーズ用SONARHUB+スポットライトスキャン用振動子セット


商品コード : SNHUB+SPTL-SC-TD
製造元 : LOWRANCE
価格 : 円( 税込円)
ポイント : 1,800
数量
 

HDS シリーズに新兵器が登場
3000Mまで測深可能な
ブロードバンドCHIRPソナー搭載
SONARHUB
が登場します。

【主な特長】
StructureScan®HDとCHIRPソナー(チャープソナー)技術が詰まったコンパクトなオールインワンソナーモジュールで4つの探査方法が可能です。

【CHIRPソナー】

新しいCHIRP発振回路搭載 ブロードバンドソナーの進化版
【スポットライトスキャン】
前方 全周囲 静止状態でも探査  
【ストラクチャースキャン】
180m幅で一気に探査する 面の探査が可能 
【ダウンスキャン】
写真画質で真下をスキャン


【LOWRANCE NET対応】 
複数のHDS Gen2 HDS Gen2 Touchからこの機器を使用できます。

SONARHUBの4つの探査方法を説明します

 

■SONARHUBで使える探査方法1
■ブロードバンドCHIRPソナー
CHIRPソナーはブロードバンドソナーをさらに進化させた次世代の魚群探知機発振回路です

【CHIRPソナーと従来の魚群探知機の違い】

•10-1000倍のエネルギーをターゲットに送り込めます

•5-10倍の解像度

•デッドゾーンがありません

•最大3000mまで探査可能です

•魚種識別可能な解像度 ベイトフィッシュと狙うゲームフィッシュを完全分離します

•ノイズ·のなかからターゲットを引き出す能力 - ノイズ/シグナル比が大幅に違います。

•高速ボトム追尾能力の改善

•浅瀬での映りを改善

R509LH Broadband CHIRP Transducer
を使うと3000m(10000ft)までの計測が可能にまります。
民生品でこの水深を探査できるものはほかにありません。
漁業はもちろん
メタンハイドレード探査機器のコストを大幅に下げることができます

3000m測深可能
R509LH 
Broadband CHIRP 
Transducer


設置説明書

Low Frequency 24 Elements 
28-60KHz Beamwidth 11°- 17°

High Frequency 1 Element 
130-210KHz Beamwidth 5°- 7°

■SONARHUBで使える振動子

ストラクチャースキャン振動子 800/455KHZ
ブロードバンド振動子             200/83KHZ 200/50KHZ
CHIRPソナ−振動子 28-75/95-155/130-210KHZ 

以下はHDIに加えてCHIRP発信もできる次世代の振動子です
ダウンスキャンHDI振動子 
HDIL-TD 湖沼 800/455/200/83KHZ 
HDIS-TD 海用 800/455/200/50KHZ 
スポットライトスキャン振動子 800/455/200/83KHZ

■CHIRPソナ−振動子の選び方
CHIRPソナ−振動子 は3つの帯域の周波数を発振します


低周波数帯域       28-75khz
中周波数帯域     95-155khz
高周波数帯域 130-210khz

CHIRPソナーには専用振動子が必要です

ランナップ一覧はこちら

他船との干渉を避けるならTM150M
TM150Mは95-155KHZを周波数可変発信しているので200/50KHZ 200/83KHZとは干渉することがありません。有名なポイントなど込み合う水域でも他船からの干渉が入りません。

正確な海底地形図を作るならHDIS-TD
従来の振動子で400mを超える水深を計測する場合
振動子50KHZでは45°の指広角でした


50KHZ45°指広角振動子 深度400mを探査すると

探査幅166m 探査面積   86,198
これがCHIRP振動子HDIS-TDでは
42-65KHZ25°指広角振動子 深度400m

探査幅89m
探査面積  24,692
探査面積は1/3で記録精度が大幅にあがります

手軽に1000mを狙えるHDIS-TD
HDIS-TDはHDI用に開発されただけでなくCHIRP信号も発射できるように設計されているマルチロール振動子です。TM150Mは95-150khzというミドルレンジを発射するのに対してHDIS-TDは動作周波数が低周波数42 to 65 kHz 16-25° 中高周波数 130 to 210 kHz 6-10°という2つの帯域で動作します
 よりパワーが強い42 to 65 kHzを駆動させることでトランサム振動子で1000mの計測を可能にしています

HDIS-TDは
ダウンスキャン800/455khz
ブロードバンド200/83/50khzの発射だけでなく

CHIRP 42-65kHz 130-210kHz まで発射でき
1000mまで計測できる 次世代のスタンダードとなる振動子です


 

HDIL-TD(HDI淡水用) 

はダウンスキャン800/455khzと

ブロードバンド200/83khzの発射だけでなく

CHIRP 95-155 kH 130-210kHz まで発射できて450mまで
計測できる次世代のスタンダードとなる振動子です

今回このSONARHUBで導入されて注目を集めているのがCHIRPソナーです
【CHIRPとは何か】

CHIRPとは (Compressed High Intensity Radar Pulse) 
高強度圧縮レーダー波技術のことを言います。

もともと、軍事用に開発された技術で、レーダー ソナーの技術として軍と研究機関に使用されてきた技術です。
 LOWRANCEと同じNAVICOグループのSIMRAD社は計量魚探として調査用に使われてきた技術をついに集積回路化して今回LOWRANCEのレジャー用のシステムに従来の10分の1にも満たない価格で導入しました。

この技術の素晴らしさは、これまでの魚群探知機の技術の欠点を補っている点です。

これまでの魚群探知機は大きな欠点がありました
従来の魚群探知機は断続波発信方式です
断続波発信魚群探知機は 
音響パルスのオン/オフで信号を発信してその戻ってきた時間で深さ 強度で硬さの情報を得ていました
 


しかしこの断続波発信方式では

パルス幅(音響パルスの発信継続時間)によって
分解能が左右されていま
した

レンジ分解能=(サウンドのパルス幅のx速度)/ 2


例:従来の単調発信の魚群探知機において、
パルス持続時間250分の1秒 水中音響速度1500メートル/秒

では3メートルの距離分解能が得られます
1500X1/250÷2=3m
つまり3Mより小さいものは映らないといえます

下図にあるようにターゲットが3m以内に近接する場合は同じ魚群として映ってしまいます。

理論上パルス幅(音響パルスの発信継続時間)を短くすればするほど分解能は高まります。しかし、それではパワーが足りませんのでピークパワーを大きくする発射回路の作成が必要でした。

CHIRPチャープ信号処理は、これらの制限を克服!

CHIRPチャープでは連続波変調発信方式
全く超音波を切らない連続したパルスを発射しています。

連続波では、超音波がいつ反射してきたかわからないのでは??
これまでの魚群探知機は超音波を断続(ON/OFF)させて発射時刻と受信時刻を比較してかかった時間から水深である距離を算出していました。

そのため超音波を断続(ON/OFF)する必要がどうしてもありました。
CHIRPでは超音波を切る代わりに発射周波数を変えて発射時刻と受信時刻を比較しています。超音波を切らない連続波を発射しています
CHIRPチャープ発振回路はON/OFの代わりに発振周波数を連続可変して発射信号をの発射時間を管理しています。

そしてその周波数の可変幅もおおきいことから、大きなエネルギーを得られるようになりました。そのエネルギーはアナログ魚探の3万ワットに匹敵します。大幅な探深能力アップを実現したのです

従来型 単調発信方式
同じ周波数をON/OFすることで発信時間(パルス幅)を管理
発信時間は1万分の1秒 75mmの分解能が限界

CHIRPチャープ 変調発信方式
発振周波数を変えることで発信時間を管理
発振周波数を変えるタイミング(帯域幅)を5万分の1 分解能15mmにすることに成功しています

このように分解能を上げながら連続周波数可変発射によって
発射エネルギーは10-1000倍になり
5-10倍の解像度です

連続周波数可変発射によって常に超音波を発信していますから、
2000mを超える超深海であってもレースができ、
2000m超深海でも海底付近の魚群が映ります。
分解能18.75mmですから、魚群の1匹1匹の形が明確に表示できます。

3000Mまで測深可能なブロードバンドCHIRPソナー
が登場します。

同じ魚群を従来型断続発信方式とCHIRP発信で比較

CHIRPチャープ
魚の数がはっきりわかる

従来型 単調発信
魚群が1つにつぶれている

CHIRPチャープ
魚がボトムから分離している

従来型 単調発信
魚群がボトムに同化している

CHIRP実験1
今回NAVICOが行った最新テストデータをご紹介
下の写真ではドロップショットリグが映るかどうかをテスト

スイベル
ワーム
3/8oz(10.5g)シンカ―
を30cmあけて配置しました

さすがはブロードバンドソナー3つの物体を分離表示
途中からchirpに切り替えると
強くはっきりとした反応が表示されます。
ボトムのベイトフィッシュンもくっきり表現されています

CHIRP実験2
今回NAVICOが行った最新テストデータをご紹介

右の写真はテニスボールをレンガにつけて沈めた結果探知できるかどうかを実験します

右から
海底から30cm
海底から15cm
海底から0cm

海底から0cmのテニスボールを
Chirpソナーで探知
ボトムにべったりついた魚も映す高性能が証明されました

通常の魚探ではボトム付近には映らないデッドゾーンが存在しますがCHIRPだけはデッドゾーンがないと言い切れる性能です

 

海底から0cmのテニスボールを
ブロードバンドソナーで探知


ボトムからの分離能力に優れるブロードバンドソナーでもべったりの海底についている物体は認識できませんでした

海底から15cmのテニスボールを
Chirpソナーで探知

ボトムにから15cm浮けば確実に判別可能です
根魚攻略に威力を発揮

海底から15cmのテニスボールを
ブロードバンドソナーで探知


ボトムからの分離能力に優れるブロードバンドソナー15cm浮けば認識可能です。但しCHIRPソナーの方がよりはっきりとらえています

海底から30cmのテニスボールを
Chirpソナーで探知

ボトムにから30cm浮けば確実に判別可能です
クリアに1匹1匹を数えられるレベルで分離できるCHIRP方式は計量魚探で培われた最上の技術です

海底から30cmのテニスボールを
ブロードバンドソナーで探知


ボトムからの分離能力に優れるブロードバンドソナー30cm浮けば確実に認識可能です。但しCHIRPソナーの方がよりはっきりとらえています。一匹一匹の分離までは難しいです

■SONARHUBで使える探査方法2
■SpotlightScan

全方位 前方フォワードスキャンをするスポットライトスキャン振動子にも対応します。

ポイントまでの距離方位を把握して長距離から狙い撃ち
夢の釣りが実現します

■SONARHUBで使える探査方法3
■StructureScan®HD
ストラクチャースキャンHDはボートの下を透視して絵に描いたような景色を提供します、800KHZビームによるサイドスキャン範囲と分解能は455KHZ 266KHZを使用するモデルより高解像度です。左右90m 180m幅でスキャンできます

■SONARHUBで使える探査方法4
■DownScanイメージング™ HDI対応

真下の画像がまるで水中写真のように描き出されるダウンスキャンイメージを提供しています。

ブロードバンド魚探画像と重ね合わせたハイブリットデュアルイメージングHDIにも対応

また、HDI振動子は湖沼用 海用ともにCHIRP発信ができるように設計されています。

SONARHUB モデルバリエーション

●SONARHUB+HDI-S+LSS-2セット 

CHIRPソナー
ダウンスキャン
ストラクチャースキャン

がHDS-GEN1 HDS-GEN2 HDS-GEN2 TOUCHで使用できます 
1000m測深可能です
このモデルのご購入はこちら
 

●SONARHUB+HDI-Sセット

CHIRPソナー
ダウンスキャン


がHDS-GEN2 HDS-GEN2 TOUCHで使用できます
1000m測深可能です


このモデルのご購入はこちら
 

●SONARHUB+LSS-2+TM150M

CHIRPソナー
ストラクチャースキャン
ダウンスキャン

がHDS-GEN2 HDS-GEN2 TOUCHで使用できます

このモデルのご購入はこちら
 

●SONARHUB+スポットライトスキャン振動子セット

スポットライトスキャン
CHIRPソナー
ダウンスキャン

がHDS-GEN2で使用できます

このモデルのご購入はこちら

●SONARHUB+LSS-2セット

ストラクチャースキャン
ダウンスキャン

がHDS-GEN1 HDS-GEN2 HDS-GEN2 TOUCHで使用できます

このモデルのご購入はこちら
 

●SONARHUB+TM150Mセット

CHIRPソナー 

がHDS-GEN2 HDS-GEN2 TOUCHで使用できます

このモデルのご購入はこちら

 

●SONARHUB単体
BLUEコネクターの振動子を接続するとブロードバンドソナーがHDS-GEN1 HDS-GEN2 HDS-GEN2 TOUCHで使用できます

このモデルのご購入はこちら

 

無償バージョンアップ
現在【HDS GEN1 HDS Gen2 Touch HDS GEN2 】をお使いのお客様がSONARHUBを導入する際には最新のソフトがないと動作しません。最新ソフトでないお客様は弊社で無償バージョンアップさせていただきます。
バージョンアップのご相談は下記よりお問い合わせください

ボトムハウス エディションは
使う環境に合わせた最適なHDSシリーズの組み合わせをご提案します
高価なGPS魚探を買う上で必要な条件情報を集約して お客様の買い損ない 選び間違いをなくす構成にしてあります。

■BOTTOMHAUS 会員募集
LOWRANCE の最新アップデート情報を手に入れるなら
ポイント還元で最大10%還元
たくさんの特典盛りだくさんです
詳しくはこちら

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

「LOWRANCE」の関連記事


ページトップへ